HER-SELF 女性の健康プロジェクトとは​

女性個人と働く環境を整える企業の双方へのアプローチで、健康と経済に貢献するプロジェクトです。

HER-SELFに込めた2つの想い

1

「Herself = 女性自身」が健康でいきいきと活躍できる世の中を作りたいという想い

2

「Her = 女性個人」と、女性を取り巻く周囲の人々(頭文字、S.E.L.F.)のパートナーシップで女性の健康を実現していくという想い

Society = 社会

Employer = 雇用主や企業

Life Partner = パートナー

Family & Friends = 家族や友人

プロジェクトのゴール​

各企業の生産性向上​

女性の健康に寄与し、仕事でベストパフォーマンスを出せる状態・長く働き続けられる状態を目指します。​

日本経済の成長​

女性の健康状態に起因する経済損失を削減することを目指し、日本全体の経済成長に貢献します。​

SDGs達成への貢献​

目標3「すべての人に健康と福祉を」・5「ジェンダー平等を実現しよう」・8「働きがいも経済成長も」に貢献します。​

少子化・人生100年時代の到来

少子高齢化社会による労働力の減少

少子高齢化社会を背景に、日本の生産年齢比率は、2050年には5割台となる見込みです。「女性が、健康で長く働くこと」の社会的要請が高まっています。


健康経営・女性の健康への注目​

「健康経営」の取り組みが官民連携で進んでおり、女性の健康に対する取り組みにも注目が集まっています。 月経随伴症状などによる労働損失は4,911億円と試算されているように、女性の健康課題への対応と女性が健康で働きやすい環境の整備が、企業の生産性・業績向上にもつながると考えられています。

プロジェクトが取り組むこと

HER-SELF 女性の健康プロジェクトは以下の2本柱で活動を行います。

働く女性に対する、健康で活躍するためのノウハウや情報提供

企業に対する、女性の健康への理解促進・環境整備のためのサポート

835アクション

SDGsの目標8「働きがいも経済成長も」、目標3「すべての人に健康と福祉を」、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」に寄与する活動を「835アクション」として推進していきます。

働きがいも経済成長も

すべての人に健康と福祉を

ジェンダー平等を実現しよう

プロジェクトが取り組むテーマ

HER-SELF 女性の健康プロジェクト で取り組むテーマです。今後も女性の健康に関わるテーマに領域を広げていきます。
更年期障害と仕事
月経・月経随伴症状
健康経営・マネジメント
労務管理・福利厚生
社会全体の理解促進
妊活・妊娠出産と仕事
病の予防と早期発見
闘病と仕事の両立
メンタルヘルス
食・運動・睡眠習慣