理事

清水なほみ / Naomi Shimizu

産婦人科医
ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長
NPO法人女性医療ネットワーク理事

プロフィール

通常の婦人科診療のみならず、最新の脳科学×心理学×医学を統合的に駆使した診療を行う婦人科医。中学時代のいじめや研修医時代のうつ経験から、「病は気から」を科学的に解明するための研鑽を積む。何気ない会話の中で患者に気付きを与え、片頭痛やイライラをあっさり「忘れさせる」診療には定評がある。

理事からのメッセージ​

女性医療の現場で日々患者様と接していると、女性の健康サポートは単純に「病気を治す」という視点だけでは不十分であることを痛感します。未病対策や予防医療ももちろんですが、思春期以前からの健康教育・「妊娠と出産」との自分らしい付き合い方を基軸にしたライフプラン教育やプレコンセプションケア・職場や家庭環境の整備・周囲の人の意識改革や教育など、様々な視点からのアプローチが必要です。

これらの課題に、女性を取り巻く企業が中心となって取り組んでいただけることは、女性医療に携わる者としては非常にありがたく感じております。

このプロジェクトを通して、「病気になったら病院で治してもらう」というスタンスから、日常的に自らのwell-beingについて考え、主体的に健康に向かい合うというスタンスにシフトする流れがうまれていくことを期待します。